superblueokinawa

内容(「BOOK」データベースより)
沖縄の海を舞台に仕事をしたい…。21歳の青年・中本純市は、本土復帰直後の沖縄を訪れ、拠点をさがして、離島から離島へ僻地から僻地へと旅をする。海中の息を呑む魚群と珊瑚、シマンチュ(島人)やウミンチュ(海人)たちを通じたウチナー世界との出会い。やがて青年は石垣に居をすえ、プロダイバーとして仕事をはじめる。この物語は実話にもとづき、登場人物は実名である。沖縄の海を舞台にしたダイビング小説。

単行本: 389ページ
出版社: ブロンズ新社
発売: 1992年8月